プリザーブドフラワーの情報を纏めています

プリザーブドフラワーのブーケは長く飾れる

プリザーブドフラワーのブーケ

ウェディングドレスを選ぶ時には、一緒に持つブーケとの相性も重要です。
しかし、フレッシュな花は季節や仕入れの状況により、必ずしもイメージ通りのブーケが出来上がるとは限りませんし、結婚式直前に製作しなければならないので、事前に確認する事ができません。
プリザーブドフラワーなら、フレッシュな花の柔らかさと繊細さは、そのままですが、加工されているので給水などの管理が必要ありません。また、花粉などでドレスを汚してしまう心配も無いので、とても便利です。結婚式後には、ブーケそのままでも、一部を写真などと一緒に飾るなど、様々な楽しみ方が可能です。
もし、フレッシュな花でブーケを作った場合でも、花の状態が悪くなる前ならば、プリザーブドフラワーに加工する事も可能なので、思い出と共に大切に保管する事ができます。
管理が簡単で、種類も豊富なプリザーブドフラワーは、気軽に髪飾りなどアクセサリーとしても使用する事ができます。

プリザーブドフラワーにはどんな花材があるのでしょうか?

プリザーブドフラワーは、近年人気のある贈り物として定番になりつつあります。
結婚祝いや新築祝い、母の日といった記念日などその用途は多岐にわたります。また、花材を使って自分でアレンジを楽しんだり、リースを作ったりすることも流行っているようです。
このプリザーブドフラワーの花材ですが、まず思い浮かぶのはバラやあじさい、カーネーションではないでしょうか。実際に店頭などで見かけるのは、これらの花を使ったものが多いです。特にバラはかならずと言っていいほど使われている花です。人気があるのはもちろんですが、これには技術的な理由もあります。
バラはプリザーブドフラワーとして向いている花なのです。プリザーブドフラワーにするためには、生花の樹液を抜き取ったあとで、保存料と色素を吸わせて着色をします。長く保存させるためには液につけたり、乾燥させたりするいくつもの工程が必要なので、強度がなければ加工途中で壊れてしまう原因になります。また生産量が安定していることも大きな理由のようです。
なにより、アレンジをしたときに主役になる華やかさもありますね。
もちろんほかの花材もないわけではありませんが、入手は困難なことが多いようです。