プリザーブドフラワーの情報を纏めています

プリザーブドフラワーは本当に水やりの必要がない?

プリザーブドフラワーは本当に水やりの必要がない?

最近人気のフラワーギフトと言えばプリザーブドフラワーを挙げる方も多いのではないでしょうか、プリザーブドフラワーは、生花の風合いを残したまま、特殊加工をされたお花です。
造花やドライフラワーとは違い、生花本来のフレッシュさを楽しめます。
プリザーブドフラワーは枯れないお花とも言われ、水やりの必要が一切ありません。
その理由は生花ではなく、花の水分を一旦抜き、保存液を吸わせた加工されたお花だからです。
保存液を吸わせているのでドライフラワーのようにカサカサの状態にはならず、フレッシュな状態のままなのです。
水やりの必要もなく枯らす心配もないため、長い間綺麗な状態でお花を楽しめます。
お花は大好きでも手入れが苦手な方や、忙しくてなかなかお花を楽しめない方にもぴったりのお花です。
アレンジも豊富で、生花にはないカラーも楽しめるため、誕生日や記念日のプレゼントや、結婚式の贈り物などにもとても喜ばれます。
プリザーブドフラワーの購入は、ネットショップがとても便利です。
専門店が多いため、アレンジも好みのものを見つけることが出来、様々な注文にも対応が可能です。

プリザーブドフラワーの保存期間はどれくらい?

生花でありながらほぼ半永久的に楽しめるよう特殊な加工を施したものがプリザーブドフラワーです。
水やりの必要もなく、造花とは違って生花の美しさを楽しむことができるとあってギフト商品として非常に人気がありますが、やはり生花であることにかわりはないので月日が経てば劣化してくることはあります。
保存期間も商品によって若干ことなる場合もあります。
しかしプリザーブドフラワーの管理をきっちり行えば、保存期間をのばすことも可能なのです。
プリザーブドフラワーの寿命というのは色が変わってしまったり、茎や花弁がボロボロになってしまったときです。
インテリアとして飾るにしても、日光がよくあたる場所に置いておくと数か月でいたんでしまいます。
また特殊な加工を施していても生花なので、ある程度の湿気というのは必要です。
まったく湿気がないと花自体がどんどんボロボロになってしまいます。
最適な場所に置き、湿気を適度に保つようにすると7~8年、長くて10年ほどその美しさを保つことが可能です。